grape [グレイプ]

あと10年で使えなくなる!?固定電話の持続が難しくなっている事実に考えさせられる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

多額の費用がかかることも課題のひとつですが、緊急通報や公衆電話には単純に引き継げない機能があることや、NTTと国との間で決められている「ユニバーサルサービス制度」があります。

電話のユニバーサルサービスとは、日本全国で提供されている加入電話、公衆電話、緊急通報(110番・118番・119番)の電話サービスです。 電話会社約30社が協力して必要な費用を負担する「ユニバーサルサービス制度」が平成18年度にスタートしました。 なお、平成23年4月の改正により、加入電話に相当する光IP電話についても新たにユニバーサルサービスの対象となりました。

ユニバーサルサービス支援業務 ーより引用

つまり、NTTはどんなに大きな赤字が出ていても、勝手に固定電話サービスを終了することが出来ないという取り決めがあるのです。

このことについては、NTT社内でも否定的な意見が出ているようで「固定の音声に対するニーズが低下している中、本当に続けていくべきなのか」と言う人や「日本だけまたガラパゴスを作っても仕方がない」と主張する人もいるそう。

小林充佳常務は 「携帯電話の爆発的な拡大、インターネットを経由した無料通話により、固定電話が使われる機会は少なくなり、流す情報量も激減。収支的にも大変苦しくなってきている」と説明。「ユニバーサルサービス議論と合わせてPSTNをどうするかを検討していきたい」と語った。

ロイター ーより引用

災害時には固定電話が活躍

一方で、災害時には固定電話が圧倒的に高い信頼性を誇っていました。

東日本大震災時には、ほとんどの携帯電話が使えなくなっているのを横目に、固定電話やPHSはつながりやすいという状況が続きました。

携帯電話キャリア各社は「災害用伝言サービス」などを用意していますが、それでも一気にアクセスが集中してしまえば「つながらない」という事態が発生。

15722_01

一方で、アナログ回線の固定電話は常に線で交換機とつながっているため、安定して利用することが出来ました。

もしもの時のことを考えたら、簡単にアナログ回線の電話サービスを取りやめることが出来ないのは、当然のことなのですね。

では、アナログ回線とIP電話の違いはどれくらいあるのでしょうか?

次のページで詳しく解説していきましょう。

出典
固定電話に関する調査。74%が「固定電話は減っていく」と考えている。Wikipedia焦点:固定電話に迫る「2025年問題」、NTT悩ますサービスの前途ユニバーサルサービス支援業務

Share Tweet LINE コメント

page
top