grape [グレイプ]

消毒液が手に入らない人必見! 花王がキッチンハイターでの作り方を紹介

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、ドラッグストアなどからはマスクや除菌スプレーなどが品薄となっています。

中には、手に入らなかったことから自分で消毒液を作ろうと思う人もいるでしょう。

化学メーカーの花王株式会社は、ホームページで塩素系漂白剤で消毒のできる希釈液(きしゃくえき)の作り方を掲載しました。

おう吐物やふん便の処理に使用される0.1%以上の濃度の希釈液の作り方がこちら。

水1Lにキッチンハイター50㎖(キャップ約2杯)。

または、キッチン泡ハイターを薄めずにそのままスプレーする。

調理器具や衣類の消毒などに使用される0.02%以上の濃度の希釈液と、トイレや洗面所の清掃などに使用される0.05%以上の濃度の希釈液がこちら。

【0.02%以上濃度希釈液】
水5Lに、キッチンハイター50㎖(キャップ約2杯)

【0.05%以上濃度希釈液】
水1Lに25㎖(キャップ約1杯)

花王は、キッチンハイターを使用する際の注意事項をこのように記載しています。

次亜塩素酸ナトリウムを含む商品の使用上の注意

・ご使用の際には十分な換気を行い、ご使用後は十分に水ですすいでください。

・いずれの商品も漂白効果がありますので、衣類などの色落ちにご注意下さい。

・金属製品、繊維製品に使用すると、腐食や変色を起こす場合があります。

・希釈した液は、次亜塩素酸ナトリウムが分解されやすくなっています。希釈液は保存せず、その都度つくるようにして下さい。

花王株式会社 ーより引用

ネット上では「これは知っておいたほうがいい」「除菌は大切」「ハイターでできるのか!」といった声が寄せられていました。

花王は以前にも、マスクの洗い方を紹介しています。

消毒液の品薄が続いていますが、正しい方法で消毒液を作ってウイルス感染を予防しましょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
花王株式会社

Share Tweet LINE コメント

page
top