grape [グレイプ]

流行りの『ほったらかしパン』を作ってみたら簡単すぎてハマった

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

最近、ネット上で話題になっている『ほったらかしパン』。

今回紹介するパン作りは、適当に混ぜて冷蔵庫に入れてほっとくだけで、勝手にパン生地になるという方法です。

材料は普通のパン作りと同じ。

用意するもの:
・強力粉 300g
・牛乳 200㎖
・砂糖 小さじ1
・塩 4g
・ドライイースト 1~2g

ネットによると、適当に混ぜて、適当にこねて、適当に発酵させる…そして、2次発酵が終わったら、天板にコロッと生地を出して、230℃で30分焼くという簡単な方法です。

実際にやってみると…。

焦げた!

どうやらオーブンの火力が強かったようです。

切ってみると、こんな感じに。

2次発酵は3時間ほどですが、ムチムチしたパンになりました。

ドライイースト1gだと、発酵がうまくいかないこともあるようですね。

そこでリベンジ。今度はドライイースト2g、牛乳を人肌くらいに温めて作り、200℃で20分焼きました。

1次発酵は8時間、2次発酵は1時間です。すると…。

今度はいい感じの焼き色に。中も、1回目よりフワフワでした。

調子に乗って、次はミニサイズに挑戦!ところが…。

打ち粉とクープを入れ忘れるという痛恨のミス…。

それでも、中はフワフワ、外はカリカリの美味しいパンが焼けました。

生地にほうれん草のみじん切りを投入して、1次発酵12時間、2次発酵5時間。200℃で15分焼きました。

ちなみに、ミニサイズのリベンジがこちら。

うまく焼けた!

1次発酵8時間、2次発酵4時間。200℃で10分焼き、やっと満足できる出来栄えになりました。

どうやら、ほったからして発酵すると、気温や室温で発酵スピードが変わるようです。

早く発酵させたい場合は、水を温めると膨らみやすくなるのでおすすめ。私は600Wで1分弱温めていました。触ってぬるいと感じるくらいです。

今回いろいろなパターンで作ってみましたが、発酵時間が長ければフワフワのパンになり、短ければムチムチのパンになって、結局どちらも美味しいということが判明。いつでも簡単に出来立てパンが楽しめるので、パン好きには朗報ですね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top