grape [グレイプ]

普段、何気なく買っていた鮭 種類の違いに「知らなかった」「意識して選びたい」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

お弁当や日々の食事のおかずとして、日本人がよく食べている鮭。

国産のほか輸入もあり、スーパーに行くとほぼ1年中並んでいます。

そのため見慣れているはずですが、切り身が入ったパックを手に取った時、「なんか色が濃いな」または「薄いな」と感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

鮭の切り身の色が違うワケ

スモークサーモンのトップブランドである、王子サーモン株式会社(@Oji_Salmon)が、Twitterに『鮭の種類のまとめ』を投稿。

「お買い物の際にお役立てください」というコメントとともに公開された、画像2枚をご覧ください!

切り身の色が異なるのは、鮭の種類が違うからだとひと目で分かりますね。

魚としての体型の違いや、味の特徴などもまとめられている画像に対し、「すごく分かりやすい」と反響が上がりました。

・よく鮭を食べるのに、あまり違いが分かっていませんでした。

・料理の時にどの鮭を買うか迷うのでありがたい。

・天然物が好きなので、とても助かります!

・勉強になります!でも、私にいわせてもらえば全部おいしい。

脂のノリ加減や、身の引き締まり方など、ひと口に鮭といっても好みが分かれるもの。

今後は選ぶ際、こちらのまとめを参考にしてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Oji_Salmon

Share Tweet LINE コメント

page
top