grape [グレイプ] lifestyle

豊洲市場ドットコムが紹介した見慣れない珍しい野菜に反響! これは一体何…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

豊洲市場に集まるおいしい食材や、旬の情報を発信している、豊洲市場ドットコム(@tsukijiichiba)。

2021年2月9日、見慣れない珍しい野菜を紹介したところ反響が上がりました。

料亭や和食の店向けに、大きさをそろえて作っている名人の品という野菜がこちらです!

まるでミニチュアの世界のような、小さいカブです!

こちらは江戸野菜の『芽蕪(めかぶ)』というもの。小さいカブを作るために育てられたそうです。

また、道の駅などでは、生育途中で間引く野菜『間引き菜』として、このような見た目の小さいカブが流通することがあるといいます。

『芽蕪』やさまざまな種類の『間引き菜』は、料亭などで季節の料理に添えられたり、お漬物にしたりするのだそうです。

飲食店の営業自粛により、使われる数が減少。ネット販売で一般の人でも購入できないか考えているといいます。

投稿には、「かわいい!」といった声が多く寄せられていました。

・小っちゃくてかわいい!こんなの初めて見ました!

・かわいいし、おいしそう!リアルなおもちゃかと思いました!

・間引きしたものも、捨てるのではなくちゃんと販売して食べられるのがいいですね。

ちなみに、産地は東京都とのこと。

あまり見かけることのない、珍しい野菜に多くの人が興味をそそられたようです!


[文・構成/grape編集部]

出典
@tsukijiichiba

Share Tweet LINE コメント

page
top