grape [グレイプ] society

聖火リレーに対する愛媛県知事の判断に称賛の声 走者には涙の陳謝

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の影響で、2020年から延期している東京五輪。

2021年3月25日からは、聖火リレーが始まりました。予定では全国各地を回り、同年7月23日に東京都内を走って到着することとなっています。

しかし、コロナウイルスがまん延する中で聖火リレーをすることに、批判や心配の声も出ているのも事実。

大阪府では、公道の走行を中止して万博記念公園の代替コースを走りました。

中村時広知事「機会を与えられず、すみません」

同年4月21日からは愛媛県を走る予定でしたが、中村時広知事は公道でのリレーを中止することを決断。

産経ニュースによると、走る機会がなくなった市民ランナーや、著名人が式典に集い、1列に並んで順番に聖火を引き継いだといいます。

聖火ランナーとして決まっていた人にとっては、せっかくの記念がコロナウイルスの影響で走れなくなってしまい、残念に思った人もいるでしょう。

中村知事は「走ることを楽しみにしていたみなさんに機会を与えられず、すみません」と、泣きながら陳謝しました。

ネット上では、中村知事の判断にさまざまなコメントが寄せられていました。

・英断だと思う。知事のやり切れない気持ちも分かります。早く元の生活に戻りたい。

・泣いているところを見て、知事も毎日大変だっただろうなと思いました。つらい気持ちが伝わってきた。

・ランナーにとっては残念だと思うけど、県民の命を守るためにもいい判断だと思います。

・知事も毎日大変だと思うので、ゆっくり休んでもらいたい。

愛媛県では同日、過去2番目の感染者数が確認されています。また、複数のクラスターも発生。

知事の判断が、多くの人を感染から守るきっかけとなることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top