grape [グレイプ] lifestyle

「まるでレトロな喫茶店みたい!」1960年代を復刻した『昭和モダン食器』が素敵

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

どこかノスタルジックな雰囲気を感じる食器の数々。こちらは、レトロな風合いを楽しめる『昭和モダン食器』シリーズです。

まるで昭和の喫茶店で出てきそうな、ちょっと懐かしさを感じる食器をご紹介します。

レトロなデザインがいい!『昭和モダン食器』

クリアやアンバー(琥珀色)の色味はもちろん、デザインも素敵な『昭和モダン食器』。

手に取りたくなる食器の数々は、東京で歴史のあるガラスメーカーの1つ『廣田硝子』で作られたものです。

『廣田硝子』は、1899年に東京で創業。創業時より大切に受け継がれてきた伝統的な製造方法で、今もなお素敵な食器を作り続けています。

【昭和モダン】フラッペグラス アンバー

『フラッペグラス』は、唐草模様のようなシルエットを大胆にあしらった、華やかな印象の脚付きの器です。

アンバーの色合いは、光が当たるとまた違った雰囲気を楽しめます。

喫茶店で食べるような、プリンアラモードを盛り付けたくなりますね。

【昭和モダン】サンデーカップ モール アンバー・クリア

『サンデーカップ モール』は、アイスはもちろん、料理の小鉢としても使うのに最適なサイズ。

カーテンのように、縦に伸びる美しいドレープを入れることで、モダンなデザインになっています。

カラーは『クリア』『アンバー』の2色。『クリア』にはカラフルなアイスを、『アンバー』にはバニラアイスを盛り付けると、より一層映えそうです。

【昭和モダン】珈琲グラス プレーン アンバー・クリア

1960年代の昭和の喫茶店で、多く使われていたグラスを復刻した『珈琲グラス プレーン』。

丸みのあるフォルムが、レトロな昭和の雰囲気を醸し出しています。

カラーは、『クリア』『アンバー』の2色からお選びください。

【昭和モダン】珈琲グラス モール アンバー・クリア

『珈琲グラス モール』は、縦に入った、なだらかなゆらぎを楽しめるグラスです。

『珈琲グラス プレーン』と同じく、1960年代当時の金型を再興し復刻したグラスは、『クリア』『アンバー』の2色をご用意しました。

アイスコーヒーや、コーヒーフロートがよく似合いそうです!

『サンデーカップ 』と『珈琲グラス』は、どちらも吹きガラスで作られています。

コンビニで買った材料で、喫茶店メニューを再現

コンビニで買った材料で、レトロな喫茶店で出てきそうなメニューを再現してみました!

今回用意した材料がこちらです。

コーンフレーク・カットフルーツ・バナナ・プリン・アイスコーヒー・パインソーダ・アイスクリーム

『フラッペグラス』、モールとプレーンの『珈琲グラス』の3種類を取り寄せ、それぞれに盛り付けてみると…。

プリンアラモードとコーヒーフロートに、パインクリームソーダのできあがりです!

予想以上のできばえに、大満足。コンビニで売っている材料だけでも、かなり再現できました。

次は、ソーダの種類をメロンソーダーやグレープソーダにして色を変えたり、プリンの上に生クリームをトッピングしたりなどアレンジを楽しみたいです。

『廣田硝子』オリジナル柄のギフトボックス

『昭和モダン食器』は、すべてオリジナル柄のギフトボックスに入れてお届けします。

これまでの『廣田硝子』の製品がずらっと並んだ柄は、思わず見入ってしまいそう。プレゼントしても喜んでもらえそうです!

グラスと器をセットにしたり、色違いのグラスをペアにしたりと、いくつか組み合わせて贈ってもいいかもしれませんね。

みなさんも『昭和モダン食器』を使って、お家でレトロな喫茶店気分を楽しんでみませんか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top