天井を見上げて、ゾッとした 空港の喫煙室で撮影された『1枚の写真』

出典:Imgur

2015年に海外の掲示板に投稿された1枚の写真が、再び話題になっています。

写真が撮影されたのは、アメリカ合衆国バージニア州にある、ワシントン・ダレス国際空港。

そこに写っていた光景に、多くの人がゾッとしたといいます。一体、何が写っているのでしょうか。

喫煙室で、ふと天井を見上げたら…

投稿された写真のタイトルは、『喫煙所の天井』です。

あなたは、この写真が何を意味しているか分かりますか。早速、ご覧ください。

出典:Imgur

注目してほしいのは、天井の色

天井の色が『白色』と『オレンジ色』の2色に分かれているのは、色の異なるタイルを使っているから…というわけではありません。

手前の部屋は、禁煙室。そして、奥側の部屋は喫煙室です。つまり、奥側の天井はヤニによって色が変わってしまったのです。

・うわ、ショックを受けたよ。この写真は、まるで非喫煙者と喫煙者の肺のようだ。

・肺が回復するには、多大な時間が必要だ。私は11年前にタバコをやめたが、まだ咳をしている。

・この空港の喫煙室を何度も利用したけど、本当に煙がすごかったよ。喫煙者でもキツいくらい。

・前の住人が喫煙者だった家に引っ越した時、親は天井を見上げて「焼きすぎたマシュマロのような色だ」っていってたよ。

・喫煙室に入る人にいいたいよ。「天井を見て。これでもタバコを吸いたい?」ってね。

タバコの煙が、いかに人間の身体に影響を与えるか視覚的に分かるこの写真は、多くの人に衝撃を与えました。

この喫煙室で一服する人の中には、ふと天井を見上げてタバコをやめた人もいたのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ImgutImgutImgutImgut

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop