grape [グレイプ]

「空港に変な自販機があったんだけど」 買ってみたら…その味に絶句!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

東京国際空港(通称・羽田空港)の自動販売機(以下、自販機)で、おいしいリンゴが食べられるというウワサがTVやネット上で広まっています。

自販機といえばジュースなどの飲み物が定番のはず…一体どのようなものが設置されているのかを確かめてきました!

ウワサが広まって?

私が向かったのは、羽田空港第2ターミナルの2階にある『保安検査場C、D』付近。

コインロッカーやエレベーターのほうに視線を向けると、自販機がズラリと並んでいました。

『福島の名産品』や『日本全国インスタントラーメン』という怪しげな自販機と一緒に、『りんごの自販機』を発見!

ラインナップを確認してみると、青森県産のリンゴが入った『Apple Sweets』とハチミツの入った『とろ~りはちみつ&生リンゴ』が販売されていました。

「まずは撮影せねば」と写真を撮っていると、ウワサを聞いて買いにきたのか、次々に購入していく人たちが。

「これは味に期待できるかもしれない!」と購入し、早速『Apple Sweets』と『とろ~りはちみつ&生リンゴ』を食べてみました。

思った以上にシャキッと歯ごたえがあって、甘みも強く感じます。しっかりと冷えているので、気温の上がるこれからの季節にもおいしく食べることができそうです。

『とろ~りはちみつ&生リンゴ』は、お皿とフォークも付いているので、手を汚すことなく食べることができました。

ハチミツはニュージランド産のクローバーを使用。適度な甘みがリンゴとよく合っています!

小腹がすいている時には、ちょうどよい栄養補給ができそうです。

どのような人たちがリンゴを求めてやってくるのかを観察していると、自販機の補給員さんが減ったリンゴを詰め直している場面に遭遇。

リンゴの自販機について話を伺うと、ちょっとした『裏話』を聞くことができました!

よりリンゴの自販機を楽しみたい人は、必読ですよ!

季節によって『あるもの』が違う

Share Tweet LINE コメント

page
top