相手を不快にさせているかも あることを気を付けると人間関係が円滑に

※写真はイメージ

職場でもプライベートでも、人間関係はできるだけ円滑にしておきたいものです。

漫画の原作や小説、脚本などで活躍している小池一夫(@koikekazuo)さんは、あることを心がけると「人間関係がよくなる」といいます。

それは、『イラついた口調でしゃべらないこと』。

イライラした口調でしゃべると、相手を不快にさせるだけでなく、自分自身にもイラつき自己嫌悪に陥ってしまいます。

小池さんのアドバイスに、共感するコメントがあふれました。

・イラついた口調で話してしまったら、募金するなど自分にペナルティを課すと結構効きます。

・大切なことですよね。分かってはいるけど、なかなか実践するのは大変です。

・イラつき口調だけでなく汚い言葉使いもよくないですよね。言葉に自分の気持ちが引きずられてしまいます。

精神的に余裕のないイライラ口調は、相手だけでなく周りの雰囲気も悪くしてしまうもの。

「イラついた口調で話してしまいそう」と思ったら、いったん深呼吸するなど気持ちを落ち着かせてから話すようにすると、いい人間関係を築くことができるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@koikekazuo

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop