grape [グレイプ] society

トヨタが防護マスクを生産! さまざまな支援策を明かし「さすがトヨタ」の声が集まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の流行を受け、2020年4月7日、政府は東京を含む7都府県に『緊急事態宣言』を発令。感染拡大による医療崩壊を防ぐため、人々に不要不急の外出を控えるよう要請しました。

医療現場ではマスクや人工呼吸器などが不足している状況。人々が自宅で過ごすことによる感染リスクの減少が期待されています。

また、日本の未来を守るため多くの企業が立ち上がり、注目を集めました。

さらに、同月7日にはトヨタ自動車も医療現場および医療用品への支援を表明しています。

トヨタが防護マスクを生産・人工呼吸器増産へ

トヨタ自動車は、トヨタグループ各社と連携したコロナウイルス対策の支援策を発表。

「現時点では構想段階のものや着手直後のものも含まれております」としながら、顔全体を保護する『医療用フェースシールド(防護マスク)』の生産や、人工呼吸器の増産をしていくことを明らかにしました。

(1)医療用フェイスシールド(防護マスク)生産
医療現場にて不足する医療用フェイスシールドを、試作型や3Dプリンターなどで製作し、医療機関へ提供してまいります。具体的には、トヨタ自動車貞宝工場にて、試作型による医療用フェイスシールドの生産準備を進めており、週500~600個程度から、生産を開始する予定です。加えてグループ企業でも生産が可能か検討を開始しております。

(2)トヨタ生産方式(TPS)活用による医療機器メーカーの生産性向上への協力
政府による日本自動車工業会(自工会)を通じた要請に基づき、医療機器メーカーによる人工呼吸器を始めとする医療機器の増産に対し、トヨタ生産方式(TPS)のノウハウ活用による工程改善など、生産性向上への協力を検討しております。トヨタ自動車を中心にTPS支援チームを結成し、医療機器の大幅な増産などで困りごとを抱えている企業にすぐに支援に入れるよう、現在、製造者側を含めた関係各所と具体的な対応について調整を開始しております。

(3)軽症の感染者移送に対するサポートの検討
東京都内を中心とした感染拡大地域において、軽症の感染者を他の医療機関や待機施設、自宅などに移送する際の運転者の感染を抑えるために、JPN TAXI等を中心に、車室内での飛沫循環を抑制する方法について、検討を開始しています。

トヨタ自動車株式会社 ーより引用

そのほか、医療用品の調達・物流支援なども行うとのこと。

治療薬開発や感染抑制に向けた各国の研究支援のため、技術支援も行うとしています。

(4)サプライチェーンを活用したマスクなど衛生用品の調達支援
政府による自工会への調達協力要請を受け、トヨタ自動車のサプライチェーンを通じ、医療用マスクや防護服、体温計など衛生用品の調達支援に向けた取組みを進めています。

(5)医療機関にて活用可能な備品の供給
病院向けの簡易ベッド台、消毒液容器、医療機関等での簡易間仕切り壁など、医療機器以外で必要とされる備品の生産での協力の可能性について、アイシン精機株式会社が調査を開始しています。

(6)治療薬開発や感染抑制に向けた研究支援への参画
治療薬開発や感染抑制に向けた各国の研究支援を目的に、カナダD-wave社が進める量子コンピューターの利用サービスの無償提供プロジェクトにデンソーが参画し、利用促進に向けた技術支援を行ってまいります。

トヨタ自動車株式会社 ーより引用

トヨタ自動車とトヨタグループ各社の取り組みに、ネット上は歓喜の声であふれています。

・トップ企業が次々と動いてくれて嬉しい。

・さすがトヨタ!どうか医療現場を支えてください!

・目からも感染するそうなので、フェイスシールドは大事。

・尽力するすべての人たちに感謝します。

各社が垣根を越えて協力すれば、多くの人の命を救うことにつながるでしょう。

コロナウイルス終息まではまだ遠いかもしれませんが、闘っている人たちのことを思いながら、自分たちにできることをしていきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
トヨタ自動車株式会社

Share Tweet LINE コメント

page
top