grape [グレイプ]

2020年も『しし座流星群』がやってくる! 方角や時間をチェックしよう

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

広大な宇宙が繰り広げる、天体ショー。美しい星々や月を眺めていると、自然と心が落ち着くものですよね。

毎年決まった時期に見ることができる流星群は、条件がよければたくさんの流れ星を見ることができます。

2020年の『しし座流星群』がいよいよ!

11月に極大を迎える『しし座流星群』の時期が、2020年もやって来ました。

国立天文台によると、極大は11月17日。18日の未明が見頃とのことですが、極大時刻の条件がたいへん悪いため、天候や観測場所によるかもしれません。

※写真はイメージ

およそ33年ごとに活発になり、中でも1799年、1833年、1866年、1966年、2001年は大量の流れ星が観測された、しし座流星群。

2001年には日本で1時間に千個を超える流星が観測されたといいます。早くも2034年頃が楽しみですね!

地域によっては夜は冷え込むため、観測する際はしっかりと防寒することをおすすめします。


[文・構成/grape編集部]

出典
国立天文台

Share Tweet LINE コメント

page
top