grape [グレイプ]

セブンイレブンの大福を食べたことがなかった女性 あえて食べてみた結果…?

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

近年、コンビニで目にする機会が増えている和のスイーツ。

しかし、人によっては、手軽に購入できても和菓子店の商品には味が劣りそう…なんてイメージもあるかもしれません。

そこで、セブン-イレブンで販売している『大福』や『もち』を2種類ずつ食べ比べ、味をレビューしてみました!

※この情報は、2021年4月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

どこを食べても豆だらけ! セブンの『豆いっぱい まめ大福』を食べてみた

筆者は、豆大福のその見た目から、自ら手に取って購入したことがこれまでありませんでした。特徴がなく、目を引きにくい見た目をしているからです。

しかし、今回はその味を伝えるべく、セブン-イレブンで販売されている『北海道十勝産小豆使用 豆いっぱいまめ大福』 を食べてみることに。

こちらの大福は全国のセブン-イレブンで取り扱われておらず、2021年4月現在は東北、関東、甲信越、静岡県、中国、四国、九州で販売中とのこと。

パッケージを開ける前から分かる、大福を覆う粉と豆の多さ。開封の際は慎重にお皿に移さなければ、散らかってしまうので注意が必要です。

切ってみると、大福に含まれる豆1粒の大きさに驚きました。こちらの豆は『赤えんどう豆』だそうです。

そして、大福の中には北海道十勝産小豆を使用したこしあんがたっぷり入っていました。

食感は大福のもちもちよりも豆の『コリコリ』とした食感が際立ちます。大福に塩が使用されているのか、ほんのりとしょっぱさを感じ、あんこの甘さを引き立てながらも甘すぎず、バランスよく味わうことができました。

あんこが好きな人には、ぜひ手に取ってほしいスイーツです。

筆者も、こちらの大福を食べたことで豆大福に対する意識が変わったので、またリピートしようと思います。

SNSでは「豆の食感がおいしい!」「ほんのり塩味がいいアクセント」などの声が上がっていて、たくさんのファンやリピーターがいることが分かりました。

『豆いっぱい まめ大福』の価格は151円(税込み)、カロリーは1個あたり163キロカロリーです。

味のイメージがつかない? セブンイレブン『つぶもち 発芽玄米大福』を食べてみた

『つぶもち 発芽玄米大福』という商品名を見てみても、味の想像があまりつかないこちらの大福。

セブン-イレブンでの取り扱い地域は、北海道、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州です。

パッケージの表記には『1包装当たり食物繊維2.7g』とあり、なんとレタス約1個分と同じくらいの食物繊維が含まれているのだとか。和菓子の味わいを楽しめて、身体に優しい成分になっているのは嬉しいですね。

パッケージから取り出してみると、先述した『北海道十勝産小豆使用 豆いっぱいまめ大福』よりも柔らかい感触であることが分かりました。

切ってみると、たっぷりと詰まったこしあんが出てきます。

玄米の大福…ということで食べてみると、『おはぎ』に近いものを感じました。しかし、おはぎと異なるのは、やはり玄米の食感です。

柔らかい大福の中に、玄米の小さくてつぶつぶとした食感が混ざっていて、なめらかなこしあんとよく合います。

こちらの大福にもほんのりと『しょっぱさ』を感じました。セブン-イレブンのサイトを見ると、次のように書いてあります。

塩味の効いたこし餡を包んだ大福です。

セブン-イレブンオフィシャルサイト ーより引用

あんこと塩の相性は抜群ですね。甘さを抑えてちょうどいい味のバランスにしてくれています。

SNSでは「あっさりした甘さ」「ストックするくらい大好き!」など反響を呼んでいるようです。

『つぶもち 発芽玄米大福』の価格は151円(税込み)、カロリーは1個あたり155キロカロリーとなっています。

ヨモギの香りが一気にやってくる! セブンイレブン『草もち』を食べてみた

続いては、セブン-イレブンで販売されている『もち』シリーズをご紹介します。

まずは『草もち』です。こちら、パッケージには『北海道十勝産小豆使用』と書かれていて、鮮やかな緑色の草もちの中にこだわりのあんこも。

パッケージから草もちを取り出して香りをかいでみると、ヨモギの香りはほとんど感じませんでした。

ツルツルとした感触で、手にくっつかないので片手で持っても食べられそうです。

切ってみると、たっぷりのこしあんが出てきました。包丁を入れた際の感触は少し固かったので、誰かとシェアする場合は取り分ける方法に気を付けたほうがいいでしょう。

口に入れてみると、外側からは感じられなかった、草もちならではの『ヨモギの香り』がフワッと広がりました。

上品なこしあんとヨモギの香りがとてもよく合います。

もちは噛みごたえのある分厚さで、顎関節症(がくかんせつしょう)の筆者には少しつらかったです…。次回は食べる前に、少しだけ温めてから食べようと思いました。

SNSでは「程よい固さがクセになる」「草もち最高」と好評なので、草もちが好きな方には見逃せないスイーツになっています。

セブン-イレブンの『草もち』の価格は138円(税込み)、1個あたりのカロリーは121キロカロリーです。

春が感じられる セブンイレブン『桜もち』を食べてみた

最後に、セブン-イレブンの『桜もち』を食べてみました。

筆者は和菓子店で桜もちを定期的に購入するほど、桜もちが大好きです。しかし、「コンビニの桜もちなんて…」と、今までセブン-イレブンの商品もノーマークでした。

小ぶりなサイズの桜もちではあるものの、しっかりと塩漬けの桜も添えられていて、本格的な和菓子スイーツという印象です。

パッケージから取り出した瞬間に桜の優しい香りが漂い、とても癒されました。色鮮やかなピンク色に心躍りますね。

桜の塩漬けのしょっぱさと、なめらかな北海道十勝産小豆のこしあんの甘さがとてもよく合いおいしかったです。

もちは柔らかくおはぎに近い粒の食感も残っているので、冷蔵保存でも固さを感じることなく食べられます!

SNSでは「100個くらい買い占めたい!」「春を感じた〜」などの声も。

セブン-イレブンの『桜もち』の価格は149円(税込み)、カロリーは1個あたり137キロカロリーです。

大福やもちなど、あんこが使用されている和菓子のスイーツが食べたくなった人は、セブン-イレブンに行って手に取ってみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
セブン-イレブンオフィシャルサイト

Share Tweet LINE コメント

page
top