grape [グレイプ] society

台湾が、日本に向けた『メッセージ』をライトアップ ワクチン寄付を受け

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年6月4日、日本が国内で製造したワクチンを台湾に無償提供した1件が、国内外で話題を呼んでいます。

同日、茂木敏充外務大臣は記者会見で、日本国内で製造した英アストラゼネカ製のワクチン約124万回分を台湾に無償提供することを発表しました。

同日午後には、ワクチンが台湾北部の桃園国際空港に到着。ワクチンの寄付を受け、台北市内にある高層ビル『台北101』に感謝のコメントが表示されました。

画像を投稿した柯文哲(か・ぶんてつ)台北市長は、日本語で「日本のみな様、本当にありがとうございます。困難な時期をともに乗り越えられますように」と感謝のコメントをつづっています。

台北101のほか、同じく台北市内にあるホテル『圓山大飯店』でも、各部屋の明かりをつけ『カンシャ』の文字を表すなど、同様のライトアップが行われました。

台湾国内の感謝のライトアップは日本でも話題になり「とても嬉しい」と喜びのコメントがネット上で続々と寄せられています。

・どんな状況でも助け合えるっていう心が大事なんだよね。

・台湾ありがとう!お互いに、頑張りましょう。

・とても嬉しいライトアップ。これからも素敵な関係を続けたい。

国をあげて感謝のコメントを出してくれることは、素直に嬉しく感じられるもの。

これまでもお互いに支えあってきた日本と台湾の関係を、これからも大切にしていきたいと思わされます。

そして、新型コロナウイルス感染症の事態が落ち着いた時には、台湾に実際に足を運びたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@KP_Taipei

Share Tweet LINE コメント

page
top