grape [グレイプ]

戦争

ローマ教皇38年ぶりに来日 被爆地での核廃絶スピーチに多くの人が心打たれる

ストーリーBy - grape編集部

ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が2019年11月23日に来日。実に38年ぶりの来日となります。 フランシスコ教皇は2018年に、ジョー・オダネル氏が1945年に撮影した『焼き場に立つ少年』の写真を配布するように…

「深い反省」 令和初の終戦記念日で、天皇陛下が発した『おことば』とは

ニュースBy - grape編集部

2019年8月15日は、戦後74年目の『終戦の日』。 東京都千代田区にある日本武道館では、全国戦没者追悼式が行われ、天皇、皇后両陛下が即位後初めて出席をされました。 天皇陛下の『おことば』 両陛下は1分間の黙祷を行った後…

「ずっと愛してた」 戦地で出会い、恋に落ちた男女が75年ぶりに奇跡の再会

ストーリーBy - grape編集部

戦地で出会った男女が75年ぶりに再会するという、映画のようなラブストーリーが話題になっています。 第二次世界大戦中の1944年。米軍の兵士だったK.T.ロビンスさんはフランスに派兵されていました。 そこで彼は1人のフラン…

幼い甥「戦争ってなんで起こるの?」 その後の『ひと言』にハッとした

ライフスタイルBy - grape編集部

「ねえお姉ちゃん、戦争はなぜ起こるの?」 まだ幼かった甥との『印象深い思い出話』を描いた、も~さん。 ある日、甥と2人で歩いていたも~さんは、甥の口から飛び出した問いかけに驚かされたといいます。 『子どもとの接しかたの話…

「お疲れ様、お帰りなさい」旧日本軍の航空機を自腹で購入し、日本に戻した男性

新着By - ニッポン放送

毎週月曜あさ5時~6時・火曜~金曜あさ4時30分~6時に放送しているニッポン放送『上柳昌彦 あさぼらけ』で放送中の朗読コーナー『あけの語りびと』。 今回は、戦時中の日本の艦上偵察機『彩雲』の尾翼に偶然出会い、日本に持ち帰…

スタバに置かれていた『折り紙』の意味 黒板に綴られたメッセージを読むと?

社会By - grape編集部

終戦から72年を迎えた、2017年8月15日。 各地で戦没者を追悼する集会や催しが開かれる中、ひと際注目を集めたのが、長崎にある『スターバックス みらい長崎ココウォーク店』が掲げたメッセージボードでした。 メッセージの内…

日本の医師たちが作ったマネキンチャレンジ 『血の涙』で伝える熱いメッセージ

社会By - grape編集部

2016年の秋~年末にかけ、インターネットを中心に大ブームとなった『マネキンチャレンジ』。体を動かさない状態を動画で撮影するこのチャレンジ、ビヨンセやポール・マッカトニー、ビル・ゲイツやクリントン夫妻までもが挑戦したこと…

地雷を撤去するドローン技術に称賛と支援殺到!10年で世界中の地雷を無くしたい!

IT・テクノロジーBy - grape編集部

安価なため大量に生産・使用されてきた地雷。未だにアフガニスタンやアンゴラなどには、7000万~1億個もの地雷が埋まっていると言われています。 今、地雷をドローンを使って安全に撤去しようとする活動が、クラウドファンディング…

【動画】終戦を知らせる『玉音放送』  放送中に録画された貴重な映像が公開

新着By - grape編集部

1945年8月15日、当時唯一の放送局だった社団法人日本放送協会から、昭和天皇による「戦争終結の詔書」が朗読放送(玉音放送)されました。 この放送で国民は、太平洋戦争における日本の敗戦を知ることになります。 1945年当…

【動画】原爆投下から2年後の広島の姿 平和への願いを込めて鐘を鳴らす

新着By - grape編集部

8月6日、世界で初めて原子爆弾が落とされた日。そして、初めて広島の地に『平和の鐘』が鳴り響いた日でもあります。 広島市の9割以上の建物を焼き尽くした原爆。 それから2年後の1947年8月6日、現在も行われている『平和記念…

イモト「国に軍がないことは幸せなの?」 平和とはなにか、考えさせられる

エンタメBy - grape編集部

バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』などで、『珍獣ハンター』として活躍している芸人・イモトアヤコさん。 そんなイモトさんが同番組のロケで向かったのは、中央アメリカ南部に位置するコスタリカ共和国。 人口はおよそ500…

page
top