grape [グレイプ]

三陸鉄道はなぜ『震災復興のシンボル』になれたのか?

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

岩手県の海岸沿いを走る、三陸鉄道。震災から3年余りで全線復旧し、大きな話題にもなりました。

また、「あまちゃん」の舞台となったことで、たくさんの観光客が訪れたことでも有名です。

震災後すぐに復旧活動を行い、短い区間でも運行を始めた三陸鉄道は、復興のシンボルとして住民に大きな希望を与えてきました。

19561_03
19561_02

震災から5年を迎えた今、復旧までどういった軌跡を描いてきたのか。南リアス線の運行部長・吉田哲さんにインタビューしました。

浸水指定される地域ではなかった

三陸鉄道は、久慈駅から宮古駅までを走る北リアス線と、釜石駅から盛駅までを走る南リアス線に分かれています。

震災により、全体で317か所もの被害を受け、その内247か所が南リアス線の被害でした。

地震により線路がゆがむ。津波により線路が流される。さらに線路上には、様々なものが溢れかえっていました。

19561_04

「復旧させることは不可能ではないか…」そう思わせるに十分な被害状況。どのような形で復旧してきたのか、盛駅にある南リアス線運行部の建物にて、震災当時のお話から伺いました。

出典
三陸鉄道

Share Tweet LINE コメント

page
top