grape [グレイプ]

嫌な思いをさせられたら、許して忘れるべき? 本当に悪いのは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

例えば、心ない言葉で誰かに傷付けられた時。

その言葉が何度も頭の中に浮かんできて、そのたびに心は傷を増やしていきます。

傷付いたことを別の誰かに打ち明けて、こんなふうにいわれたことはありませんか。

「それはひどいね。忘れたほうがいいよ」

もし、嫌な思いをした記憶だけを消し去ることができたなら、どんなに楽になるでしょう。ですが、そんなことはもちろんできません。

しかも、嫌な思いをさせた相手の行為がなかったことになってしまいます。

1番悪いのは、誰?

「許してあげなさいよ」「忘れたほうがいいわよ」

この言葉についての思いをTwitterに投稿したのは、えに(@enicat10)さんです。

すべきことは、嫌な思いをさせた相手を許し、忘れる努力なのでしょうか。

「許せないようなことをした人が1番悪い」

相手を許せない自分が悪いのではなく、1番悪いのは、許せないようなことをした人。

当たり前のことに思えますが、「許す努力」に苦しんでいた人は多いようです。

えにさんの投稿に対して、「その通りです」「分かります」「本当に!」と共感するコメントが寄せられました。

「許せない自分が嫌になって、ますます苦しくなったけれど、このツイートで救われた」という声も。

中には「時間が経てば自然と忘れるし、許さないことでエネルギーを消費しないで忘れたほうがいい」という意見もありました。もちろん、考えかたは人それぞれでしょう。

悪いのは相手であって、自分ではない…苦しみすぎたあまり、逆に自分を責めてしまっている人がいたら、「悪いのはあなたではないよ」と教えてあげたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@enicat10

Share Tweet LINE コメント

page
top