grape [グレイプ]

結婚式の写真撮影中に交通事故が発生 すると新郎新婦とゲストたちは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Marion County Sheriff's Office

アメリカ・フロリダ州マリオン郡で、あるカップルの結婚式が行われました。

新婦のテイラー・ラファティさんと新郎のクリスさんは同じ職場で働いているため、式には多くの同僚が出席しました。

新郎新婦の目の前で交通事故が発生!

新郎新婦とゲストたちが外で写真撮影をしていた時、和やかな空気が一変します。

なんと彼らの目の前で男性が車にはねられてしまったのです。

このような場合、たいていの人は警察や救急車を呼ぼうとするでしょう。しかし、テイラーさんたちは違いました。

彼女たちはすぐさま、ケガをした男性を救護し、現場の交通整理を始めます。

実はテイラーさんとクリスさんはともに警察官で、結婚式に出席していたゲストの多くも同僚の警察官だったのです

マリオン郡警察のFacebookには事故現場の目の前で、ウエディングドレスの裾を持ち上げて交通整理をするテイラーさんの姿が写っています。

警察官のキャリアを選ぶということは、本当の休みなどないということです。残念ながら危険なことや悲劇は休憩することはなく、非番の日でも保護と奉仕をするのが警察官の義務なのです。

ラファティ夫妻と結婚式に出席していた警察官たちに最大の称賛を送ります。彼らはためらうことなく、この事故に関わった人たちを助けるために行動を起こしました。

Marion County Sheriff's Office ーより引用(和訳)

この投稿には多くの祝福と感謝の声が寄せられています。

・警察官の鑑ですね。末永くお幸せに!

・なんてかっこいい人たちだ。ありがとう。そして結婚おめでとう!

・この素晴らしい出来事は長く語り継がれるでしょうね。

幸い事故に遭った男性のケガは深刻なものではありませんでした。

そして男性が救急車で搬送された後、テイラーさんたちは何事もなかったかのように結婚式を再開したそうです。

結婚式という大事なイベントの最中でありながら、ドレスやスーツが汚れることも気にせずに事故現場で職務をまっとうした新郎新婦とゲストたち。

非番であっても何か起きれば市民のために働いてくれる警察官たちに、心から敬意を表したいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Marion County Sheriff's OfficeTaylor Shae

Share Tweet LINE コメント

page
top