grape [グレイプ]

貼り紙

「貼り紙」に関する記事一覧ページです。

貼り紙の写真

台湾の友人が『日本の貼り紙』を見て? 指摘に「ハッとした」「マジでそれ!」

ストーリーBy - grape編集部

『国民性』という言葉があるように、住んでいる国や地域によって、人の価値観は異なるといわれています。 日本で暮らす私たちにとっては当たり前でも、海外から見ると、疑問を覚えることも多々あるのかもしれません。 台湾の友人が疑問…

会社の義理チョコ

令和版『義理チョコ』の配り方 ダンボールの貼り紙に「めっちゃいい」「画期的だ」

ストーリーBy - grape編集部

会社の文化によっては、バレンタインの時期になると、社員向けに義理チョコを配るところがあります。 代表者が女性社員たちから集金し、購入するのが一般的なようですが、面倒さを感じている人もいるでしょう。 男性側も、ホワイトデー…

スーパーの貼り紙の写真

スーパーで目にした『呼びかけの貼り紙』 内容に「本当にそれ」「理解できない」

社会By - grape編集部

『真面目』と評されることが多い、日本人。それゆえ、接客業のホスピタリティの高さが長所として挙げられます。 日本の接客業は、どんなに庶民的な店でも基本的に丁寧。また、海外諸国と比べると、接客ルールやマナーが厳しいとされてい…

貼り紙の写真

ガソリンスタンドで見た貼り紙 取り組みに「天才現る」「膝を打った」

ストーリーBy - grape編集部

ネットでよく目にする『Win-Win』という言葉。 元はビジネス用語であり、文字通り、取引をする双方に利益がある状態を指します。 取引に関わらず、何かをするにあたって、自分と相手の両方にメリットがある関係性を築くことがで…

貼り紙写真

「ぱーぱーにしといて」 扉に貼られた注意書きの意味は? 「知らなかった」「面白い方言」

ストーリーBy - grape編集部

日本語には、標準語とは異なる、地域特有の言葉やイントネーションがあります。 旅行中にその土地の方言を見聞きするのもまた、旅の楽しみの1つといえるでしょう。 愛知県名古屋市の魅力や情報を発信している、おいでよ名古屋(@oi…

ファミリーマートの貼り紙の画像

ファミマに手書きの貼り紙が? 内容に反響「いい報告」「優しい」

ストーリーBy - grape編集部

その場を通りかかった人に情報を伝える手段として用いられる、貼り紙。 休業日や注意喚起といった店からのお知らせを目にすることが多いですが、中には心温まる内容もあるそうです。 ファミマの貼り紙に心が温まる 2023年12月下…

動物園の貼り紙の写真

「カピバラはなぜ怒らないの?」 飼育員の回答に「絵で笑った」「そうだったの!?」

ストーリーBy - grape編集部

ぬいぐるみのように愛らしい見た目をしていて、人語を喋らない動物たち。しかし、彼らも人間と同じように心を持っています。 人間ほど分かりやすくなくても、喜怒哀楽の感情があるはず。心を通わせれば、表情や動作のちょっとした変化か…

貼り紙の写真

89歳の祖母が貼った『約束事』 病院の工夫に「こんなことまでしてくれるんだ」

ストーリーBy - grape編集部

ケガや病気の際、お世話になる病院。 診察や治療だけでなく、身体の機能を回復してもとの生活を取り戻す、リハビリテーション(以下、リハビリ)も行っています。 専門職のチームがサポートしてくれるのですが、人によってはリハビリが…

質問用紙の写真

質問「水深何mまで行けますか?」 察した飼育員の回答に「さすが」「最後の1行に笑った」

ストーリーBy - grape編集部

動物園や水族館などは、生き物に関する専門的な知識を豊富に持っています。 施設によっては客から質問を受け付け、飼育員が回答しているところも。 ウミガメの保護施設が併設された『道の駅 紀宝町ウミガメ公園』も、寄せられた質問に…

POPの写真

忘れられないスーパーのPOP 書かれた一文に「そんなことある!?」「切れ者だ」

ストーリーBy - grape編集部

商売は、いかに人の目につき、情報を知ってもらうかが重要。 そのため店は、セール品や注目の品などを、客にアピールするために、店内POPを掲示しています。 派手な色合いのデザインがあしらわれていたり、心に残るキャッチコピーが…

貼り紙の写真

セールスに赤ちゃんの安眠を妨害された母 作った貼り紙に「天才の発想」「再現度がやばい」

ストーリーBy - grape編集部

赤ちゃんを育てる多くの親が抱える悩み。それは、我が子がなかなか眠ってくれないこと。 真夜中に大泣きされて目を覚ましてしまったり、眠ってほしい時に限って全然寝てくれなかったりと、親は子供の睡眠によって生活リズムを左右されて…

POPの写真

『店員の心の声』がダダ洩れのPOP 書かれた文字に「お察しします」「めっちゃ好き」

ストーリーBy - grape編集部

セールの告知やイチ押しの品物をアピールするために活用される、店内POP。 いろいろな品物が並ぶ中でも目立つよう、派手なデザインをしていたり、店員が手書きで用意をしたりと、さまざまな工夫が施されています。 店側からの強いア…

店主の貼り紙写真

『阪神タイガース』が優勝 店主の決断が分かる貼り紙に「こういう生き方をしたい」

ストーリーBy - grape編集部

2023年11月5日、プロ野球球団の『阪神タイガース』が『SMBC日本シリーズ2023』を制し、1985年以来、38年ぶりとなる二度目の日本一に輝きました。 この日、関西圏は喜びにわき立ち、街中でファンが『六甲おろし』を…

『アレ』が原因で臨時休業 コンビニの貼り紙に「これは仕方がない」「内容に爆笑した」

ストーリーBy - grape編集部

その場を通った不特定多数の人たちに情報を伝える手法として、昔から用いられている、貼り紙。 2023年9月上旬、てとら(@tetra4227)さんが大阪府で目にしたのは、多くの大阪府民に関係する、重要な情報を告知する貼り紙…

スーパーマーケット「ご迷惑をお掛けしております」 貼り紙の『リンゴが赤くないワケ』に驚き!

ストーリーBy - 佐渡夏美

暑い日が続いた2023年の夏。 気象庁は、1898年の統計開始以降、今夏の日本の平均気温が最高となったことを発表しました。 天候に大きく左右される、農作物の影響も露わとなっています。とあるスーパーマーケットには、客に向け…

店のドアにあった『無理やりな敬語』に爆笑 「これは吹いてしまう」「じわじわツボに入る」

おもしろBy - grape編集部

目上の人など、相手に敬意を表すために使う敬語には、さまざまな種類があります。 しかし、それぞれを適切に使い分けるのは、なかなか難しいもの。 悩んだ末、おかしな表現になってしまうことも少なくないでしょう。 店の扉に貼ってあ…

「パワーを送る方向はこちらです」 仙台の百貨店の『粋なお知らせ』が話題に

ストーリーBy - grape編集部

毎年、高校球児たちが全身全霊で戦いを繰り広げる、全国高等学校野球選手権大会(以下、甲子園)。2023年も連日熱戦が繰り広げられ、多くの感動を呼んでいます。 全国各地では、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場に足を運べない多くの人…

店長の背中に「申し訳ございません」の貼り紙 理由に「こういうの大好き」「吹き出した」

ストーリーBy - grape編集部

誰もが一度は耳にしたことのある、「できる人は背中で語る」という言葉。 自分の持つ強い意志や生きざまを、直接言葉にせずとも態度で示す…そんな姿に憧れる人は、きっと少なくないでしょう。 とんかつ料理店『まるかつ』のSNSアカ…

「タイムリーすぎてショック」「もうそんな季節か…」 『あのお菓子』が突然のシーズン終了

おもしろBy - grape編集部

あらゆる物事には、適したタイミングがあるもの。 たとえば、『旬』や『シーズン』と聞くと、食べ物の一番おいしい季節や、スポーツに適した時期などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 「今シーズンは終了しました」の貼り…

「めちゃくちゃうまい人がいる」 スーパー店内で衝撃を受けた光景に「職人技」「これを求めていた」

新着By - grape編集部

スーパーマーケット(以下、スーパー)などの売り場を飾るPOPは、販促ツールの1つ。 目立つ文字や絵などで、来客に商品の魅力を伝えます。 メーカー側が商品とともに提供するPOPのほか、店側が独自に用意をする場合もあるようで…

「勝手にとらないで、かと思ったら…」 青じその後ろにあった貼り紙が、素敵すぎた

ストーリーBy - grape編集部

不特定多数の人に向けて、情報を発信する目的を持つ貼り紙。 注意をうながしたり、苦言を呈したりするメッセージが書かれていることがほとんどでしょう。 ネット上で「よすぎる」と注目を集めた、一風変わった貼り紙をご紹介します。 …

夏季休暇の貼り紙に『重大なミス』と思いきや? 「理解するのに時間がかかった」「マジか」

ストーリーBy - grape編集部

インターネットの進化とSNSの普及によって、現代では簡単に情報を拡散できるようになりました。 しかし、すべての人がインターネットやSNSを使いこなしているわけではありません。どれだけデジタル化が進んでも、アナログ式な情報…

page
top