grape [グレイプ]

土井善晴の語る『和食のコツ』に、ハッとする 「手はむやみに何度も洗わない」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2020年4月現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、政府は国民に向けて外出の自粛を要請。外食をせずに、家で自炊をする機会が増えています。

中にはこれを機に、改めて料理の基礎を学びたいと思う人もいるかもしれません。

和食のコツは『手』から

料理研究家の土井善晴さんは、Twitterで『和食のコツ』を投稿。反響を呼んでいます。

土井さんによると、料理の基本は『手』だといいます。

『材料を触る手』と『包丁(箸)を持つ手』を意識することで、清潔に、段取りよく料理ができるとのこと。

土井さんは「お刺身(加熱しない魚)を食べる日本人は、そうして命を守り、つないできたんです」と語りました。

また、料理中の手洗いについても「必要に応じて洗うこと」が大切だといいます。

これらの投稿に対し「なるほど。とても勉強になります」「調理のアルバイトで自然と身につけていた。『和食の基本』と土井先生にいわれて嬉しいです」「『物事のけじめ』という言葉にハッとしました」など、数多くのコメントが寄せられました。

日本人が長らく生活の中で培ってきた料理のコツ。

ちょっとしたことかもしれませんが、改めて心掛けてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@doiyoshiharu

Share Tweet LINE コメント

page
top