grape [グレイプ]

いい話

日本国内や海外での、人々の善意によって起こったエピソードを紹介。読むと心が温まる、優しい記事を掲載しています。

客が減っていた飲食店 すると、1人の『目が見えないお客さん』がやってきて?

ライフスタイルBy - grape編集部

青森県にある『うまいもん居酒屋わやわや』。青森産の食べ物を味わえる、居心地のよい飲食店として地域の人に愛されています。 店内で流れるBGMが『懐メロ』な理由 『わやわや』の店内では、BGMとして昔流行った『懐メロ』が流れ…

「バスのボタンを押したい」と駄々をこねる子ども すると、車内アナウンスが聴こえてきて…?

ライフスタイルBy - grape編集部

大人には見慣れたものでも、子どもにとってはオモチャのように感じるものはたくさんあります。 例えば、バスの降車ボタン。「次のバス停で降ります」と運転手に伝えるためのボタンですが、子どものころは早く押したくてソワソワしていた…

満員電車で子どもが号泣し、あせる母親 その時の『誰か』の行動に、感涙

ライフスタイルBy - grape編集部

まだ幼い子どもにとって、泣くことは自分の気持ちを伝えるための行動。 しかし、ネットではたびたび「電車での子どもの泣き声がうるさい」という心ない声が上がり、議論が交わされます。 そういった一部の声を受け、公共の場で子どもが…

「20年後の自分へ」 母親が『未来の自分』へ宛てた手紙に、涙

ライフスタイルBy - grape編集部

流れゆく時を巻き戻すことはできません。一秒一秒がかけがえのない時間であり、だからこそ有限の時間を大切にしなくてはならないのです。 ですが、時には過去を思い浮かべ、「もし、あの日に戻ることができたら」と考えてしまうこともあ…

『席取り』に必死な母を、恥ずかしがる兄 その想いに「素敵!」「すごく腑に落ちた」

ライフスタイルBy - grape編集部

「私の母は、電車の席を取るのが大得意」 子どものころの母親との思い出を描いたのは、漫画の原作などを手がける泉福朗(@okaeri_eripiyo)さん。 泉さんの母親は、『席取り』が大の得意でした。幼かった泉さんと兄弟の…

子猫を捨てた『犯人』と対面? 保護主の不良が、複雑な気持ちで対面すると…

エンタメBy - grape編集部

漫画家の常喜寝太郎(@TaketoraTsuneki)さんによる『不良がネコに助けられてく話』の第8話をご紹介します。 お世辞にも素行がいいとはいえないタカシは、いわゆる不良。バイトの面接を受けるも、面接官を粗暴な言葉遣…

「魔法は使わないの?」と尋ねる子ども ウィル・スミスの『返答』に、絶賛の声

エンタメBy - grape編集部

2019年6月7日に公開される実写版『アラジン』で、ランプの魔人役を務める、俳優のウィル・スミス。 『アラジン』実写版の予告編が解禁! 気になるウィル・スミスの姿は… アメリカのロサンゼルスで行われたプレミア映画試写会に…

「黄色いチョウになるわ」と生前語った母親 9年後の展開に、涙が止まらない

ライフスタイルBy - grape編集部

最愛の人や家族との別れはつらく悲しいものです。 その分、「もう一生会えない」と思っていた相手と再会できたら、どんな瞬間にも勝る喜びを感じることでしょう。 アメリカで起きた『奇跡のような出来事』が、世界中の人々の心を温めて…

ペットのネズミが盗まれ、悲しむホームレス 10日後に驚きの展開が待っていた

ストーリーBy - grape編集部

オーストラリア・シドニーで働いている女性のアリソンさんには、ほぼ毎朝、通勤途中に見かける人物がいます。 それはクリスさんという男性。そしてクリスさんと一緒にいるのは、彼のペット、ネズミのルーシーです。 路上で生活している…

page
top