grape [グレイプ]

丸亀製麺のおすすめアレンジ 一気に紹介! 担当者オススメのアレンジも

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

いまや専門の書籍も発売されるほど、おなじみになった『ちょい足しメニュー』や『アレンジメニュー』の存在。

『吉野家』や『餃子の王将』、『ペヤング』や『蒙古タンメン』など、ネット上には数多くのレシピが投稿されています。

本格讃岐釜揚げうどんを提供する『丸亀製麺』も例にもれず、さまざまなアレンジメニューが存在しています。

しかも、コアなファンの中には、アレンジメニューを楽しむために丸亀製麺に足を運ぶ人も少なくないのだとか。

アレンジやちょい足しの枠を超え、もはや『裏メニュー』と呼べるほどに進化している、丸亀製麺のアレンジメニューをご紹介します!

丸亀製麺 注文方法は?

うどんはもちろん、丸亀製麺の裏メニューには、天ぷらやおむすび、トッピングメニューなどの存在が必要不可欠。

裏メニューにたどり着くためにも、丸亀製麺の注文方法は必ずおさえておきましょう。

①うどんを注文

お店に入り、まず最初に目に飛び込んでくるのは、大きな茹で釜!

ここで、「うどんの種類」「うどんのサイズ(並・大・得)」を伝えましょう。なお、うどんの種類によっては「冷たい・温かい」を選べますよ。

ちなみに、温泉卵や明太子といったトッピングメニューもここで注文できます。

②天ぷらをチョイス

うどんを受け取った後は、天ぷらコーナーに進みましょう。

丸亀製麺では、揚げたての天ぷらを陳列棚の前に置く決まりになっています。

「揚げたてが食べたいから」と、わざわざ奥から取るようなことはしなくて大丈夫ですよ。

また、天ぷらのほかにもおむすびも置いてあります。自分のお腹と相談して、どんどんお皿に盛っていきましょう。

③いざ、お会計

メニューがそろったら、お会計です。店舗によっては、電子マネーの利用も可能。パスモやSuicaでも支払うことができますよ。

また、丸亀製麺のスマホアプリで配信されているクーポンを利用する際には、レジ横に設置されているQRコードリーダにかざしましょう。

④卓上の調味料をフル活用せよ

丸亀製麺では、生姜やネギといった薬味が取り放題。うどんに入れて、味の変化を楽しみましょう。

さらに、天ぷらを食べる時には、卓上に置かれている『だしソース』と『だし醤油』がいい仕事をしてくれます。

絶対に外さないだし醤油もいいですが、あえてのだしソースがオススメ。

最初こそ「天ぷらにソース!?」と違和感を覚えるかもしれませんが、甘さとコクが抜群のソースが天ぷらにぴったりです。ぜひ挑戦してみてください。

丸亀製麺 裏メニューを厳選

今回、丸亀製麺の裏メニューを教えてくれたのは、丸亀製麺を運営する株式会社トリドールの大洞マキ(だいどう・まき)さん。

つまり、ここで紹介する裏メニューは丸亀製麺が認めたおいしさなのです。

明太子茶漬け

丸亀製麺に天丼用のごはんが用意されていることは、あまり知られていません。

うどんの注文口で、「天丼用ごはん」と注文すれば、器にもられたごはんが出てきます。

その後、お好きな天ぷらをチョイスし、オリジナルの天丼を作ってもいいのですが、今回は裏メニューの紹介です!

裏メニューの値段、そしてレシピを一気にご紹介します。

明太子茶漬けのレシピ

①うどんの注文口で、天丼用ごはんとトッピングの明太子を注文。

②ごはんに、明太子と無料の天かすネギ、そしてかけ出汁を入れれば完成。

合計金額:200円

天茶漬け

天ぷらメニューの1つ、野菜かき揚げを使った裏メニュー。野菜のうまみと、さっぱりした出汁の組み合わせに、お箸が止まらなくなります。

天茶漬けのレシピ

①うどんの注文口で、天丼用ごはんを注文。

②天ぷらコーナーで、野菜かき揚げをチョイス。

③天丼用ごはんに野菜かき揚げをのせて、さらに無料のかけ出汁を入れて完成。

合計金額:260円

めんたま丼

ワンランク上のたまごかけごはんを食べたいあなたに贈る、至高の一品です!

めんたま丼のレシピ

①うどんの注文口で、天丼用ごはんとトッピングの明太子生玉子を注文。

②天丼用ごはんの上に、無料の天かすネギをのせる。

③さらに、明太子と生玉子をのせれば完成。

合計金額:270円

鮭明太子茶漬け

おむすびを使った裏メニューも存在するところに、丸亀製麺のポテンシャルの高さを感じます。

鮭明太子茶漬けのレシピ

①うどんの注文口で、空の器とトッピングの明太子を注文。

②おむすびの中から、をチョイス。

③空の器に、おむすびを入れ、おむすびの上に明太子をのせる。

④さらに、無料のかけ出汁を入れて完成。

合計金額:210円

ネギ天かすだし茶漬け

今回ご紹介する裏メニューの中で、丸亀製麺を運営する株式会社トリドールホールディングスの社長がオススメした一品です!これは、おいしいに違いありません。

ネギ天かすだし茶漬けのレシピ

①うどんの注文口で、天丼用ごはんを注文。

②天丼用ごはんの上に、無料の天かすネギをのせる。

③さらに、無料のかけ出汁を入れて完成。

合計金額:130円

玉子づくしごはん

生玉子と温泉玉子、さらに明太子というトリプルたまごのアレンジメニュー。この裏メニューを前にして、カロリーを気にしてはいけません。

玉子づくしごはんのレシピ

①うどんの注文口で、天丼用ごはんとトッピングの生玉子温泉玉子明太子を注文。

②天丼用ごはんに、溶いた生玉子をかけ、よく混ぜる。

③その上に、温泉玉子と明太子、無料の天かすネギをお好みで加えて完成。

合計金額:340円

とろ玉丼

トロっとした口当たりにハマってしまいそうな裏メニューです。お好みで七味を足すと味が引き締まり、また違うおいしさが楽しめますよ。

とろ玉丼のレシピ

①うどんの注文口で、天丼用ごはんとトッピングのとろろ温泉玉子を注文。

②天丼用ごはんに、とろろと温泉玉子、無料のネギをのせる。

③最後に、卓上のだし醤油をかけて完成。

合計金額:270円

安いものでは130円、高くても340円で作れてしまう丸亀製麺の裏メニュー。290円のぶっかけうどんと組み合わせても、破格のお値段です。

もちろん、うどんを注文せずに、天丼用ごはんだけの注文も可能。大洞さんいわく「むしろ、天丼用ごはんだけの注文も推奨しています」とのことで、周囲の目を気にせずに、大きな声で「ごはん1つ」と注文してみてください。

さらに、丸亀製麺のクーポンを利用すれば、もっと安く裏メニューが作れますよ!

丸亀製麺 ちょい足しでさらにおいしく

天丼用ごはんとおむすびを使った裏メニューを紹介してきましたが、次はうどんを使ったものをご紹介します。

トッピングをちょい足しすることで、お腹の満足感もアップ。意外なトッピングの組み合わせに、きっとあなたも驚くはず…!

とろろと出汁をドッキング

釜玉とろろうどんのレシピ

①うどんの注文口で、釜揚げうどんとトッピングのとろろ生玉子を注文。

②小皿に入れてある釜揚げうどん用の出汁に、とろろと生玉子を加える。

③お好みで無料の天かすネギを加えてもよし。

合計金額:430円(釜揚げうどんの並を注文した場合)

ぶっかけうどんやかけうどんに、とろろを加えるのではなく、釜揚げうどんの出汁に加えるというまさかの発想…!

出汁にとろろを加えるだけでも十分おいしいですが、そこに生玉子も加えると「リピート確実のおいしさ」になるのだとか。

玉子づくしうどん

玉子づくしうどんのレシピ

①うどんの注文口で、明太釜玉うどんを注文。

②天ぷらの半熟玉子天をチョイス。

③半熟玉子天の黄身と共に味わう。

合計金額:540円(明太釜玉うどんの並を注文した場合)

生玉子とはまた違う、トロトロの黄身は半熟玉子天だからこそのおいしさ。明太子との相性も抜群です!

ちなみに、丸亀製麺では1回の注文ごとに『うどん札』がもらえます。

3枚で『トッピング』ひとつが無料、5枚で『天ぷら』が100円引き、そして10枚集めると、『うどん 並』が1杯無料になるお得なうどん券。活用すれば、もっとお得に味わえますよ。

トッピングや天ぷら、無料で取り放題の天かすやネギなどを駆使して生まれた、数々の裏メニュー。新たな裏メニューは、今後も登場することでしょう。

しかし、すべての裏メニューを制覇するには、相当な時間と胃袋が必要です…!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top