grape [グレイプ]

ヨーグルトのパックそのまま… 話題の『チーズケーキ』を作ってみると?「洗い物少ない」「簡単」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のため、不要不急の外出自粛が求められています。

家で過ごす時間が増えたことで、お菓子作りを楽しむようになった人も多いようです。

ヨーグルトのパックごとチーズケーキ

ネット上でヨーグルトのパックをそのまま使った『チーズケーキ』が話題になっています。材料を混ぜて、冷蔵庫で冷やすだけというシンプルな手順なので、お菓子作り初心者でも簡単にできそうです。

ネットのレシピを参考に、自分も作ってみました!

用意するものは、以下の通り。

【材料】

・ヨーグルト 1パック

・クリームチーズ 180g~200g

・砂糖 50g

・レモン汁 大さじ1

・粉ゼラチン 5g~10g

・お湯 大さじ1~2

下準備として、クリームチーズは常温で柔らかくしておきます。使う前にレンジで少し加熱して柔らかくしてもよいでしょう。

ヨーグルトは大さじ4を別皿に取り出しておき、残りをよく混ぜて滑らかにしておきます。

ヨーグルトに、クリームチーズ、砂糖、レモン汁を入れて混ぜ合わせます。この時、できるだけだまが残らないようによーく混ぜて滑らかにするのがポイントです。

パックのままだとかなり混ぜにくかったので、ボウルにうつして混ぜることをおすすめします。

お湯で溶かしたゼラチンを入れて、さらによく混ぜ合わせます。

でき上がりを柔らかめにしたい人は、ゼラチンを少なめ(ゼラチン5g・お湯大さじ1)に、しっかり固めたい人は多め(ゼラチン10g・お湯大さじ2)に入れましょう。

すべての材料をしっかり混ぜ合わせたら、ラップをして冷蔵庫で2~3時間冷やし固め、完成です。

気になるでき上がりは…。

じゃじゃーん!

見た目は微妙…ですが、味はレアチーズケーキそのものでおいしかったです。

下の画像の左は固め、右は柔らかめに作った時の写真です。ゼラチンの量はお好みで調整してみてください。

個人的には柔らかめに作ったほうが、ふわっとした滑らかな食感で好きでした。

ビスケットを添えたり、中にフルーツを入れたりするなど、いろいろアレンジしてもよさそうです。「甘みが足りないな」と感じたら、ハチミツやメープルシロップを後がけしてもおいしいと思います。

今回はブルガリアヨーグルトで作ったので、少し酸味のあるスッキリとした味わいになりました。ヨーグルトの種類によって、酸味やまろやかさなど味の違いを楽しめるでしょう。

試してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top