grape [グレイプ]

災害にあう前に知っておきたい 停電や断水で、トイレが流れなくなってしまったら?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2020年7月8日12時現在、気象庁によると、関東甲信、北陸、東海、近畿、九州地方で指定河川洪水予報が出ています。

各地域の警報に従って、早めの対策、避難を行ってください。

また、浸水被害にあう前に、できる限りの浸水対策も行いたいものです。

比較的浅い床上浸水には、ごみ袋に水を溜めて作れる『水嚢』での浸水対策が効果的なのだとか。

豪雨や停電の影響で、トイレが流せなくなってしまったら…?

豪雨による家屋の浸水は免れても、断水や停電などが起こってしまった場合、頭を悩ませる要因の1つがトイレの排水です。

そこで、トイレの水が流せなくなった場合に、浴槽などに溜めた水を使ってトイレを流す方法をご紹介します。

1.大きめのバケツ1杯分(6ℓ)を用意。

2.周囲に水がはねないように気を付けながら、バケツの水を一気に流し込む。

(水が少なすぎると流れません。また、排水が詰まっている時には詰まりを直してから排水してください)

3.一気に流した水の勢いで水位が下がってしまった場合は、3ℓほどの水を静かに入れて水位を戻します。

風呂の残り湯を使用する場合には、詰まりの原因となる髪の毛などをなるべく取り除くとよいそうです。

また、水はねしてしまう可能性があるため、排水の前はトイレの床に新聞紙を敷き詰めるなどすると安心ですね。

水が流れなくなってしまった場合、排水するたびに、多くて約9ℓもの水が必要となります。

万が一に備えて、早めに浴槽に水を溜めておくなどの対策を取っておきたいものです。

ちなみに、この排水方法はあくまで排水管が破損していない場合の排水方法。

配水管が破損していると汚水が漏れることがあるので、地震などによって配管が壊れている場合には排水せずに、簡易トイレを使用しましょう。

そのほかにも、もしも災害にあってしまった際に役立つ情報をご紹介しています。

この機会に、ぜひ防災に関する情報をご覧ください。

万が一に備えて準備しておこう!準備しておきたいものまとめ

避難する際には…

災害にあってしまったら さまざまなお役立ち情報


[文・構成/grape編集部]

出典
【LIXIL】断水時にトイレを流す方法 (トイレ断水・停電時の対応)気象庁

Share Tweet LINE コメント

page
top