grape [グレイプ]

障がい者

「障がい者」に関する記事一覧ページです。

ローソンで「コレめっちゃ便利だな!」 取り組みに「広まってほしい」「素晴らしい!」

社会By - grape編集部

身体が不自由な人でも生活がしやすくなるよう、世間ではバリアフリー化が進んでいます。 スロープやエレベーター、文字で情報を伝える電光掲示板が増えるなど、徐々に『優しい社会』に近付いた昨今。 それでも、障がいを持つ人はたびた…

くまだまさしが耳の不自由な店員と? やり取りに「心が温かくなった」

エンタメBy - grape編集部

お笑いタレントの、くまだまさしさんは以前、訪れたコーヒーチェーン店の『スターバックス』で、耳の不自由な店員に接客をしてもらいました。 スタバでくまだまさしが目にした光景 耳の聞こえない店員が? 店員は、メニュー表を指で示…

父親「いいから!呼んで」 威圧的に指示された息子、カチンときたことを伝えると?

ストーリーBy - grape編集部

子供は、幼くとも意思を持った1人の人間。 理由の説明もなく、親に何かを指示された時、納得がいかないこともあります。 ミカヅキユミ(@mikazuki_yumi)さん一家でも、子供と夫の間で衝突がありました。 理由を教えて…

優先席に座っていた次女に「あかんやろ!」 高齢男性のエピソードに「勉強になった」

ストーリーBy - grape編集部

高齢者や身体が不自由な人などが、優先して座れる『優先席(優先座席)』。 人によっては、一部の利用者のマナーが悪く思えることもあるようで、たびたび話題になります。 一方で、マナー違反と指摘された行為に、深い理由があることも…

スタバでくまだまさしが目にした光景 耳の聞こえない店員が?

エンタメBy - grape編集部

・素敵な出会いに、読んでいて心が温かくなった。 ・やり取りができたことに、店員も自信がついたんじゃないかな。 ・誰もが働きやすい社会が必要だよね。 お笑いタレントの、くまだまさしさんがコーヒーチェーン店の『スターバックス…

耳の聞こえない女性が出会った『不思議なママさん』 理由に「泣いた」「こうなりたい」

ストーリーBy - grape編集部

人と人のつながりによって、社会は成り立っています。誰もが日常生活を送るうえで、他者とつながっているのです。 そして、出会いと別れを幾度と繰り返す中で、時には運命を感じる出会いを経験することも。 2児の母親であるミカヅキユ…

先生の赤ペンに傷付いた、耳の聞こえない小学生 気付いたことに「ハッとした」「心に刺さる」

ストーリーBy - grape編集部

生まれつき耳が聞こえないミカヅキユミ(@mikazuki_yumi)さん。 9歳の息子さんと、5歳の娘さんを育てる中で、大人と子供の関係性について悩むことがあったといいます。 その理由の1つは、子供の頃の経験。小学生の頃…

神社で補聴器を失くした親子に、若い男性グループが? 展開に「笑顔になった」「素晴らしい!」

ストーリーBy - grape編集部

「難しいとは思いますが、この感謝の気持ちが届きますように」 2022年の正月に、そういったメッセージをTwitterに投稿したのは、まよい(@mayoi_torihiki)さん。 元旦に、まよいさんは息子さんを連れ、愛知…

配達員の『インターホンの仕方』が変わった! 柔軟な対応に「嬉しすぎて…」

ストーリーBy - grape編集部

インターホンが押された時、誰が来たのかをしっかりと確認してからドアを開けたいですよね。 ですが、訪問者の立ち位置が悪いと、インターホンの画面にしっかりと相手の姿が映らないことも。 聴覚障害を抱えている、うささ(usasa…

障がい者を狙う、卑劣な痴漢行為が続出 実際の手口に「ゲスすぎ」「信じられない」

社会By - grape編集部

日本で深刻な社会問題の1つとされている、痴漢行為。他者の身体に合意なく触れ、尊厳を傷付ける痴漢行為は迷惑防止条例違反で罰せられます。 2020年12月に公表された警視庁のデータによると、検挙されたものだけでも1年で178…

耳が聞こえない女性 偶然、喫茶店で義母に出会い挨拶をすることになり…?

ストーリーBy - grape編集部

西山ともこさんが、ウェブサイトの閲覧者やSNSのフォロワーから寄せられた実体験をもとに描いた漫画をご紹介します。 今回ご紹介するのは、あるカップルと義母のエピソードです。 エピソードを寄せたのは、聴覚障害を持つ女性。 夫…

障がい者を助ける『透明マスク』に称賛の声 「素晴らしい発想」「これは助かる!」

ライフスタイルBy - grape編集部

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の流行によって、マスクは私たちの生活により重要な物となりました。 これまでは主にインフルエンザが流行する冬や、花粉が飛ぶ春に使用されていましたが、飛沫感染を防ぐため1年を通…

「障がい者マークを見たら…」 義足のアスリートのお願いに考えさせられる

ストーリーBy - grape編集部

アメリカ・メリーランド州に住むジェシカ・ロングさんはアメリカ代表のパラリンピック水泳選手です。 ロシアで生まれたジェシカさんはヒザ下にある腓骨(ひこつ)が部分的または完全に欠損している先天性腓骨欠損症のため、生後18か月…

山本美月の『車いすユーザーへの配慮』に称賛の声! 「素晴らしい」「こういうの大事」

エンタメBy - grape編集部

2020年10月16日から東京都豊島区で開催されている、俳優の山本美月さんの展覧会『魔法少女 山本美月』。 山本さんはアニメや漫画が好きで、幼い頃から魔法少女にあこがれていたといいます。この展覧会は、その想いを表現した『…

高校生の頃、父親が『認知症』に その後の23年間に「泣いた」「考えさせられる」

ストーリーBy - grape編集部

2人の娘を育てながらエッセイ漫画を描いている吉田いらこ(@irakoir)さん。 吉田さんは高校生の頃、父親が若年性認知症を患ったそうです。 要介護となった父親とその家族が経験した、23年間を漫画にしました。 『若年性認…

聴覚障がい者が描く『コロナ禍の苦労』 漫画に「知らなかった」「参考になる!」の声

社会By - grape編集部

聴覚障がいを持つ人は、主に手話で会話をしています。しかし、手話が通じる人は世の中に少数です。 そのため、相手の唇の動きから言葉を想像する、読唇術(どくしんじゅつ)も活用し、コミュニケーションをとっています。 唇の動きだけ…

マスク不足を受け、岡山県総社市がとった行動に称賛の声 「一石二鳥だ」「素晴らしい!」

ニュースBy - grape編集部

2020年1月に発生し、世界中を騒がせている新型コロナウイルス。 日本ではマスクの在庫不足が続き、3月時点でも解決していません。マスクを求め、ドラッグストアには朝から長蛇の列ができることもあります。 一時は買い占めや高額…

page
top