grape [グレイプ]

視覚障害

視覚障がい者に「何かお手伝いすることはありますか?」 返答に目を丸くした

ライフBy - grape編集部

駅や街中で『白杖(はくじょう)』を使いながら歩いている人を見かけることがあります。 白杖は目が不自由な人の歩行を補助するものです。見かけた場合、多くの人はその人の進路を妨げたりしないよう配慮していることでしょう。 しかし…

盲目の漫談家・濱田祐太郎に『ある実証実験』 出演者から「攻めた企画だね」

エンタメBy - grape編集部

2018年5月2日に放送されたバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の企画が、ネット上で称賛を集めています。 盲目の濱田祐太郎、『箱の中身は何だろな?』で正解するか? 芸能人たちが持ち寄った『説』を検証するコ…

見ていた人が「思わず写真を撮った」 道路に立つ男女が人々を感動させた理由

ストーリーBy - grape編集部

アメリカに住むライアンさんはこの日、野球の試合を見た後、友人と一緒に球場近くのレストランで食事をしていました。建物の屋上にあるレストランからは、球場から帰る人たちを見下ろすことができます。 そこで彼は、白い杖を持った1人…

初めてパパの顔を見た、視覚障がいの赤ちゃん 2人の姿に目頭が熱くなる

ライフBy - grape編集部

妻と生まれたばかりの息子を家に残し、南極大陸に派遣されることになった、空軍所属のブランドンさん。 生後9か月になるレーガンくんは、視覚障がいです。そのため、レーガンくんはお父さんの顔を一度も見たことがありませんでした。 …

健常者が見る『普通の光景』 しかし、視覚障がい者には『恐ろしい光景』に映る

社会By - grape編集部

厚生労働省が5年ごとに実施している『身体障害児・者等実態調査』によると、平成18年の時点で日本にいる視覚障がい者はおよそ31万人。 ちなみに『視覚障がい者』とは、まったく見えない状態の『全盲』と、見えないわけではない『弱…

盲目の男性と腕がない男性 10年かけ、汚染された村に1万本の木を植える

社会By - grape編集部

世界中のあらゆる国で問題になっている『環境問題』。その中でも特に、中国の環境問題は深刻なものだと言われています。 中国では『四害』(大気汚染、水汚染、騒音、固体廃棄物汚染)と『三廃』(排ガス、廃水、固体廃棄物)、公害の進…

ドラムで希望を与えたい…ガンで全盲になってしまった少年による魂の演奏

ライフBy - grape編集部

目が見えないと、私たちはまともに歩くことすら難しくなってしまいます。 まわりの人が色々なものを見ているのに、自分は見ることができない状況に立たされたら、不安になって心が折れてしまうかもしれません。 しかし、目が見えない苦…

光を知らないゴールデンレトリバー 障害を持つ子ども達に笑顔の花を咲かす

動物By - grape編集部

カナダ・オンタリオ州で暮らすゴールデンレトリバーのスマイリー、彼には生まれた時から目がありません。そして、彼の幼少期はパピーミル(ブリーディング施設)での劣悪なものでした。 現在の飼い主ジョアンさんが里親となった時、周囲…

被災地の子どもたちに届け。視覚障害のアスリート『夢先生』が笑顔を運ぶ

新着By - grape編集部

東日本大震災で被災した子どもたちを応援するプロジェクト『スポーツこころのプロジェクト 笑顔の教室』。 多くのアスリートたちが『夢先生』となって、被災地の子どもたちに笑顔を届けています。 今回ご紹介するのは、ブラインドサッ…

妻を見たことがない盲目男性 結婚から10年、人工網膜による初対面に感動

IT・テクノロジーBy - grape編集部

米国・ミネソタ州、現在68歳の男性アレン・ズデラートさん。彼は20年前に網膜色素変性症を患い徐々に視力を失っていきました。すでに失明をしていた10年前、彼は現在の妻アンジェラさんと結婚をすることに。アレンさんは愛するアン…

赤ちゃんの顔が見たい視覚障害のお母さん。機械を通してもわかる優しい視線

新着By - grape編集部

幼いころ病気のため、視力を大幅に失い、失明に近い状態になってしまった女性、キャシーさん。見えない生活が長かったため、日常生活にほとんど不自由はありませんでしたが、彼女にはある願いがありました。 それは、もうすぐ生まれる自…

見えないからこそ「見える世界」を描いた盲目の少女のストーリー

新着By - grape編集部

盲目の少女が愛犬と散歩中にひったくりに会うところから物語がはじまります。 目が見えない女の子は、泥棒を追い掛けて行ってしまった愛犬を探しに足を踏み出します。最初はおそるおそるだった女の子、魔法のステッキを手に入れて真っ暗…

page
top