grape [グレイプ]

高齢者

「高齢者」に関する記事一覧ページです。

「なんか嫌な予感がするなぁ…」 病院に向かう高齢夫婦を見守っていたら?

ストーリーBy - grape編集部

年齢を重ねると、若い頃と比べて身体が動きにくくなるものです。 人によっては早く歩けなくなったり、転倒が増えたりして、生活に支障が出ることもあるでしょう。 介護福祉士の勉強をしている、忍者ママ(mother_ninja_)…

認知症の父の発言に、ツッコミの嵐 写真の『見知らぬ女性』について尋ねると?

ストーリーBy - grape編集部

脳の神経細胞の働きが徐々に低下し、記憶や判断力などをつかさどる認知機能が低下していく『認知症』。 その症状はさまざまですが、身近な家族や親しかった友人でも認識できなくなってしまうことがあるそうです。 「写真の女性はだれ?…

「何しているか分からない」 高齢女性に男性が見せた気遣いが「優しい!」

ストーリーBy - grape編集部

認知症状のある高齢者が、職員と一緒に買い物や洗濯などを行い、自宅での生活と同じ感覚で過ごせる場所のグループホーム。 さまざまな世帯から、認知症状のある高齢者が集まり、共同生活を送っています。 グループホームで利用者同士が…

『エンディングノート』を買いに来たおじいさん 書店の店員に伝えたのは? 「吹き出した」「それはアカンやつ」

ストーリーBy - grape編集部

響きが似ていても、意味がまったく異なる言葉というのは、多々あります。 人に伝える際に、つい間違えてしまうこともあるでしょう。 おじいさんが買いたい『本』に、驚愕 大学時代に書店でアルバイトをしていた、ちゃおず(@mrch…

警察が保護した『高齢ドライバーの車』 写真に「信じられない」「怖すぎる」

社会By - grape編集部

日本の深刻な社会問題であり、さらにいろいろな問題を引き起こしている少子高齢化。 現代社会で問題視されているうちの1つは、高齢者ドライバーによる交通事故です。 歳をとると、誰しも自然と身体がおとろえるもの。目が見えづらくな…

認知症予防に必要な要素が詰まった『あるスポーツ』に注目が集まる

ライフスタイルBy - grape編集部

認知症を予防するためには、食生活などのほか、適度な運動や、人とのコミュニケーションが大切です。 近年、あるスポーツが認知症予防や、健康の維持に効果的だとして注目を集めています。 そのスポーツとは…ビリヤード。 ※写真はイ…

「朝から泣いた」の声 高齢男性が、一生懸命エアコン掃除をする理由とは

漫画By - grape編集部

年々、暑さが増していっているように感じる、日本の夏。 特に2022年は6月末に各地で梅雨明けが発表されたほか、記録的な猛暑日が続いています。 熱中症を防ぐためにも、エアコンは必要不可欠ですが、一方で節電も呼びかけられてお…

「おじいちゃん気を付けて…」 銀行の前で見かけた光景に、ヒヤヒヤしたワケとは?

ストーリーBy - grape編集部

日本は治安のいい国だとよくいわれています。 落とした財布が戻ってきたり、電車の中で警戒心なく居眠りをしたりなど、「平和だな」と思うような出来事や光景を目の当たりにすることもあるでしょう。 しかし、だからといって気の抜きす…

懐中電灯とビニール袋を持った高齢男性が来て…? 袋の中のものに身の毛がよだつ

ストーリーBy - grape編集部

漫画家のカコマツ(kaco_ma_tsu)さんは、過去に経験した恐怖体験を漫画にし、注意喚起をしました。 北海道に住んでいるカコマツさん。夜中に、職場の後輩と最寄り駅から自宅まで歩いていた時、懐中電灯を手に歩いてくる男性…

たった3分の動画に涙腺崩壊 おじいさんの謎の行動が分かる結末に感動!

ストーリーBy - grape編集部

12月25日はクリスマス。日本では、恋人や友人たちと過ごす日として親しまれていますが、海外では家族と過ごすことを優先します。 そんなクリスマスに、家族愛を描いたある動画がネット上で話題になっていました。 クリスマスツリー…

「マジでやめて」「本当その通り」 高齢者への新年の呼びかけに共感の声

エンタメBy - grape編集部

2020年は新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)が流行し、年末になっても感染者数は減少していません。 同年12月現在、重症者数も増えており、医療体制がひっ迫している地域が出てきました。 そんな中迎える、新年。…

祖母の発言と行動のギャップがすごい… 孫が思わずツッコんだワケとは? 「おばあちゃんが強すぎる」

ストーリーBy - grape編集部

小松(@koma2ta3n)さんは、子育てや日常の出来事をTwitterに投稿しています。 ある日、祖母と会話をしていた時のこと。「もういつ死んでもおかしくない」と弱々しく話す祖母を見て、小松さんはしんみりしますが…。 …

page
top