grape [グレイプ]

洗剤

「洗剤」に関する記事一覧ページです。

手洗い洗濯に洗剤を入れる写真

洗濯に必要な時間は40分! 洗う・干す・たたむ各工程の平均時間と時短術を紹介

ライフスタイルBy - grape編集部

洗濯にかけている時間が、ほかの人と比べ長いか短いかが気になりませんか。 洗濯の時間は人それぞれ異なりますが、それぞれの工程には目安の時間があります。目安の時間が分かれば、自分の作業が効率的に進められているかが判断可能です…

シャンプーの写真

子供のシャンプーの使い過ぎ、どうにかしたい! 一発で解決する裏技に「その手があったか」

ライフスタイルBy - キジカク

シャンプーやコンディショナー、ボディーソープなどが入ったポンプ式ボトルは、ついつい何度も押してしまうことはありませんか。 特に子供がいる家庭では、「出しすぎ!」と注意してもなかなか伝わらず、詰め替え頻度の高さに悩まされる…

多様な洗剤の写真

大掃除で注意!『洗剤の移し替え』が危険で「ビビる」「めっちゃ大きい爆発音」

ニュースBy - grape編集部

1年間の汚れを落とすため、多くの会社や家庭が年末に大掃除をしています。 油や水垢など、さまざまな汚れに適した洗剤を用意して、使い分けていることでしょう。 人によっては、実家や職場の掃除をするため、必要な洗剤を小分けにして…

色物の服に付いたシミにも、漂白剤が使える! 企業が教える『洗濯方法』とは

ライフスタイルBy - grape編集部

お気に入りの洋服に、シミ汚れを付けてしまったらショックですよね。 汚れを落とすために漂白剤を使うと、色柄物の場合、色が抜けてしまうことも…。 洗濯が難しい色柄物の洋服に付いた、シミ汚れの落とし方を、ライオン株式会社(以下…

洗濯洗剤と洗顔料 成分表示が違うのはなぜ? 理由に「そういうことか」「納得です」

ライフスタイルBy - COLLY

製品を選ぶ時、成分表示の参照は大切です。特に、肌に触れる洗濯用洗剤や洗顔料はしっかり調べる人も多いでしょう。そこで成分表示の方法が違うと気付くかもしれません。違うことには理由がありました。 洗濯用洗剤と洗顔料の成分表示方…

無香料と無香性、どう違う? 花王の定義に「そういうことか!」「勘違いしてた」

ライフスタイルBy - COLLY

ボディケア製品をはじめ、香りを選びたい製品のなかには無香料、無香性といった表示がされていることがあります。どちらも香料を使ってないのだろうと思うかもしれませんが、実は大きな違いがありました。 香りがなくても香料を使ってい…

洗剤や漂白剤の『まぜるな危険』を無視すると? 「そういうことか…」「絶対ダメ」

ライフスタイルBy - COLLY

シンクや洗面台のぬめり落としや、洋服に付いたしみや黄ばみ取りに欠かせない塩素系洗浄剤と、お風呂掃除とトイレ掃除に欠かせない酸性洗浄剤には、パッケージに「まぜるな危険」と目立つように書かれています。 ほかの洗浄剤にも使用上…

意外と知らない? クエン酸や重曹クリーナーの使い分けに「知らなかった」「早速やる」

ライフスタイルBy - grape編集部

日々の掃除で活躍する、洗剤。 種類はさまざまありますが、クエン酸や重曹など自然由来のナチュラル洗剤は、肌や環境にも優しく、使い勝手もいいため人気があります。 ですが「実はよく理解せず使っている」「どう使い分けていいか分か…

知っているようで知らない洗濯機の『おしゃれ着洗い』 正しいやり方に「初めて知りました」

ライフスタイルBy - COLLY

大切な洋服を守るために、取り入れたいのが「おしゃれ着洗い」です。ニットやレースなど、繊細な衣類も自宅できれいに洗えるでしょう。 とはいえ、「そもそもおしゃれ着洗いの仕組みが分からない」という人も多いのではないでしょうか。…

塩素系カビ取り剤、間違って使ってない? 注意すべき4選に「知らなかった」「なんと…」

ライフスタイルBy - COLLY

塩素系カビ取り剤は、お風呂やキッチンなどのカビ退治に便利です。しかし、使い方を間違えると十分な効果を得られないだけなく、人体に悪影響を及ぼす危険性もあります。正しい使い方を知って安全にお掃除しましょう。 カビ取り掃除をす…

水筒にコーヒーを入れて持って行く夫 ある晩、ふと中を覗くと? 「コレヤバいわ」

ライフスタイルBy - grape編集部

洗うと繰り返し使用でき、保温保冷機能がある水筒は、日常に欠かせないアイテムの1つです。 水筒にコーヒーやお茶類を毎回入れていると、だんだんと中に茶渋が付いてきます。 毎日食器用洗剤で洗っていても、一度付いてしまった茶渋は…

厄介な『まな板の着色汚れ』にコレ1本! 花王のオススメに「人生で一番繰り返し買っています」

ライフスタイルBy - grape編集部

洗い物で気になることの1つが、まな板の着色汚れ。 見た目が悪いだけでなく、衛生的な観点からも除菌や漂白を行う必要がありますが、洗剤でこするだけでは汚れがなかなか落ちません。 花王社員「まな板にはコレ」 花王株式会社(以下…

『オキシクリーン』を「水で溶かしてはいけない」ワケとは? NG行為に「コレは知らなかった」

ライフスタイルBy - grape編集部

衣類のシミや黄ばみを落とすだけでなく、玄関や窓、キッチン、洗面所など家の中のあらゆる掃除にも役立つ、酸素系漂白剤『オキシクリーン』。 ネット上では『オキシクリーン』を使ったさまざまなライフハック情報を見ることができます。…

ガスコンロの油汚れによく使うアレ 意外と知らない『基本』が日々の掃除に役立つ!

ライフスタイルBy - grape編集部

ガスコンロやレンジフードなどに付いた油汚れを落としてくれることで知られる『アルカリ電解水』のクリーナー。 ドラッグストアや100円ショップでも購入することができ、日々の掃除で活用している人も多いでしょう。 とはいえ『アル…

「驚かれることがよくある」 意外と知られていない『オキシクリーン』の使い方

ライフスタイルBy - grape編集部

泥汚れや汗ジミ、食べこぼしなど、衣類の漂白に大活躍する酸素系漂白剤『オキシクリーン』。 店では衣類用洗剤のコーナーに置いてあることが多いため、『衣類に使うもの』というイメージを持っている人は多いでしょう。 実はオキシクリ…

オキシクリーンが注意喚起 身近であった『ダメな使い方』に「ケガがなくてよかった…」

ライフスタイルBy - grape編集部

掃除に使う洗剤は、用途によってさまざま。 株式会社グラフィコが販売する、酸素系漂白剤の洗剤ブランド『オキシクリーン』は、家中の掃除に活用できるため、多くの家庭が愛用しているようです。 実際に使ってよかった点をまとめた動画…

お湯に○○を入れて拭くと…? キッチン床のベタつき汚れを5分でスッキリさせる裏技

ライフスタイルBy - COLLY

きれいにしているつもりでも、気付いた時にはベタついているキッチン床。専用洗剤を買いそろえるのもいいですが、自宅にあるアイテムで簡単にお掃除できることをご存じですか。5分でできる簡単キッチンお掃除方法を紹介します。 この投…

風呂掃除が一瞬で…!? アース製薬の投稿に「すごすぎ」「便利すぎませんか」

ライフスタイルBy - grape編集部

アース製薬株式会社(以下、アース製薬)のTwitterに投稿された、1本の動画が大きな反響を呼んでいます。 ツイートには10万件以上の『いいね』が寄せられ、「え、何これ!?」「すげえー!」と驚く人が続出しているのです! …

『容器に残ったシールを取る方法』 「もう爪を傷めない!」「ピッカピカ」

ライフスタイルBy - キジカク

瓶に貼られたシールやガムテープをはがす時、きれいに取れずイライラした経験は誰しもあるでしょう。 そんな時によく使われるのは除光液ですが、素材によっては白くなってしまったり、においが苦手な人がいたり、気になる点がいくつかあ…

古紙として出すべきではないもの 清掃員の呼びかけに「全く知らなかった…」

ライフスタイルBy - grape編集部

「洗剤の箱は古紙ではありません」 Twitterでそんな呼びかけをしたのは、お笑いコンビ『マシンガンズ』として活動しながら、ゴミ収集車の清掃員としても働く滝沢秀一さんです。 ある日、清掃員として勤務していた滝沢さんは、古…

「うちのママは…」父子で初めての洗濯 子どもがふと漏らした一言に母にっこり

ライフスタイルBy - grape編集部

子育てをしていると、子どもは汗や汚れで一日に何度も着替えるので、毎日の洗濯が大変です。 ただでさえ少ない時間を使って、「洗う」「干す」「たたむ」をしなければならないので、気付いたら洗濯で1日が終わっていた…なんてことも。…

お風呂の石鹸で食器を洗う!?実は『合成洗剤』と変わらない洗浄力とそのメリット

ライフスタイルBy - ウチコト

石鹸を使って食器洗いをしたことはありますか? 意外にもお風呂で使っている普通の固形石鹸でも食器を洗うことができるんだそうです。 でも石鹸だと汚れ落ちが悪く洗うほどヌルヌルになるという声も。ここでは石鹸で食器を洗うメリット…

「洗濯機はデザイナーなんですよ?」秋山が『なりきり芸』で某社員をディスる

エンタメBy - grape編集部

癖のあるアーティストや怪しい写真家など、キャラの濃いクリエイターたちになりきる『クリエイターズ・ファイル』が人気のロバート、秋山竜次さん。 今回は、なんと『汚れ、縮み、ニオイ』を活かした斬新なファッションを展開する、トー…

page
top