grape [グレイプ]

認知症

認知症を『本人視点』で描いた漫画に反響 「涙が出た」「考えさせられる」の声

社会By - grape編集部

人間に限らず、生きとし生けるものは歳をとると身体が衰え、病気にかかりやすくなります。 いつかやってくる『老い』に備えて、老後の生活について考えている人は少なくないことでしょう。 そして1人での生活が困難になると、高齢者を…

手紙を書いたことも忘れる、認知症の母 お見舞いに行った息子が『学んだこと』

ライフBy - grape編集部

「少し前のことなのに、物忘れがあまりにも多すぎる」 「簡単な計算や会話すら、なぜか困難になってしまった」 「集中力が著しく低下して、趣味に没頭できなくなった」 厚生労働省によると、日本の65歳以上の高齢者における認知症患…

孫「別に死にたくなるほどじゃない」 祖母が認知症といわれ、楽観視していたら?

エンタメBy - grape編集部

東京に住む漫画家のニコ・ニコルソンさんが描く、実話をもとにした漫画『わたしのお婆ちゃん』。 前回は、母親と祖母の暮らす宮城へ、久しぶりに帰省したニコルソンさんの様子が描かれました。 第1話 「涙が止まらない」 認知症の祖…

家族のことを忘れてしまった母 でもしっかり者で、おしゃべりな母を私は忘れない

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 母のうた 私の母は5人姉弟の長女です。 いつも、し…

「涙が止まらない」 認知症の祖母とのやり取りを描く漫画に、心揺さぶられる

エンタメBy - grape編集部

東京に住む漫画家のニコ・ニコルソンさんが描く、実話をもとにした漫画『わたしのお婆ちゃん』。 今回は、本作の第1話をご紹介します! 母親と祖母の暮らす宮城へ、久しぶりに帰省したニコルソンさんが目の当たりにした光景とは…。 …

認知症の夫が帰ってくるまでの穏やかな6時間半 それは悪いこと?

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 穏やかな6時間半 今日は夫のデイサービスの日である…

注文したものと違うものが出てくる料理店 でもみんなが笑顔になる理由とは

ストーリーBy - ニッポン放送

毎週土曜日朝8時から放送しているニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』。 10時からは『10時のグッとストーリー』として、番組が取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしています。 …

「認知症の人は助けられてばかり」 介護士の「それは違う」という言葉に共感が続々!

エンタメBy - grape編集部

高齢化社会が進むに伴い、増え続ける認知症患者の数。内閣府によると、2025年には700万人に達すると推計されています。 認知症の人たちに対し、こんなよくないイメージを持っている人もいるそうです。 誰かに助けてもらってばか…

page
top